ペットが亡くなってしまったら、どうしたらいいですか?

まず、できるだけ涼しい所に安置し、毛並や尻尾を整え、ぬるめのお湯で濡らしたガーゼや布等で全身を優しく拭いてあげてください。
また、安置している間に、お口やお尻から体の中のものが出てくる場合もありますので、そちらも拭いてあげてください。
状況によりお尻等に綿をつめたり、ペットシートを敷くなどしてあげましょう。
温度、湿度の高い時期はご遺体の痛みが早く進みますので、ドライアイス等の保冷剤をお腹あたりにあててあげてください。
ペットの死後硬直は比較的早く進み、そのままにしておくと手足がつっぱったまま硬直してしまいますので、両手足を優しく胸の方向へ曲げてあげてください。

大型犬でも大丈夫ですか?

容量にゆとりのある炉を使用しておりますので、体重50kg以上の大型種にも対応できます。

亡くなったペットを自宅まで引取りに来てもらえますか?

大型犬など、斎場までお連れいただくことが難しい場合は、当斎場の寝台車にて、ご自宅までお迎えに伺うサービスも承っておりますのでご相談ください。ペット火葬車による、ご自宅での火葬も可能です。

火葬後の遺骨はどうすれば良いですか?

骨壷に納めてご返却させていただいたご遺骨は、ご自宅へお持ち帰りになり、ご供養していただくこともできますし、斎場内には納骨堂もございますので、そちらでご供養いただくこともできます。納骨堂でのご供養をご希望の際は、スタッフまでご相談ください。

火葬だけでも依頼できますか?

ご葬儀の無い火葬のみのプランもご用意しておりますので、ご依頼主様のご希望に沿ったプランをお選びください。

火葬後の供養をお願いできますか?

火葬後の拾骨、ご供養を、こちらにお任せいただく場合は、動物合同供養碑にてご供養させていただきます。定期的な法要や供養祭も執り行っておりますので、スタッフまでお問い合わせください。

普通のお葬式と同じようにお経を読んで弔ってもらえますか?

ご葬儀プランでは、提携の寺院僧侶による読経を行います。愛情を持って育てられたペットを、ご依頼主様のご家族として真心を込め、あたたかいお別れをしていただけるよう、誠心誠意お手伝いさせていただきます。

戒名はどうなりますか?

ご希望の場合は、提携の寺院僧侶に戒名を依頼させていただきます。ご自分でご用意いただくこともできますので、分からないことがございましたら、何なりとご相談ください。

どれぐらい費用が掛かりますか?

ペットの種別やプランの組み合わせにもよりますが、小型~中型犬の場合、火葬からご葬儀までで、おおよそ6万円~8万円(税抜・僧侶へのお布施は別途)までのプランを選ばれる方が多いようです。